いつでも里親募集中

ブタ男くん 保護

0
    こんばんは!
    連日、Yお婆ちゃんの転居前のお宅に通っておりました。

    お婆ちゃんが住んでいた家の取り壊し完了して更地になりました。
    来週から家を建てるための基礎工事が始まるそうです。


    「ブタ男くん」保護のために、ご近所の皆さんと会ってお話を伺えば…
    この10年間どれだけ外猫問題で我慢してきたかを切々と訴える人もいて…
    お婆ちゃんの餌付け問題までを指摘されて…
    「そうだったのですか。大変だったのですね…」と、会う人会う人に頭を下げて保護器を設置させてもらう家を探しました。保護器の設置すら、猫が集まるからと言われて難航いたしました。
    どこの猫問題でも、そうですが…
    1匹.2匹は可愛いと思いますが、殖えれば害虫扱いになります。
    犠牲にあうのは人間ではなくて、猫さんたち…

    5年前、お婆ちゃんの家の周りは猫だらけだったとか。
    お向かいの家のO様が困り果てて、NPOアニマルクラブ石巻さんに相談電話をかけて代表と会って保護器の設置方法などのアドバイスをもらい、自費で7匹の猫の避妊・去勢をしてリリースして下さったそうなんです。
    (Yお婆ちゃんだけが餌付けをしていた訳では無かったのですが…)
    それがご縁で、代表から人馴れしていない犬2匹の里親さんになられたと聞いています。
    今でも親交があると聞きました。「サトウさんのことをお話したら、知っていましたよ」と。

    O様が連日通って来る私を心配して、昨夜、お声をかけて下さって、早速、猫ハウスを作って下さっておりました。
    少し馴らしてから、捕まえるのに協力して下さるとのことでした。
    有難いお申し出に保護器預けてお願いいたしました。
    今朝7時にお電話を頂き猫ハウスで安心して眠っているから、油断をさせてから捕まえてみるからねと。
    そして、ブタ男くんはデブっちょなので、うちに大きい保護器(野生動物用)があるからそれを使用してみるとのことでした。

    実は、私自身どうしたらいいのか? どうしたら捕まえられるのか?と、途方に暮れておりましたDocomo_kao19
    毎日、毎日、朝と晩に通い保護器を設置をして見張り、時間が無いときは人にお願いをしてその場を離れる作業そのものが、とっても大変なことでした。
    11/20
    (日中通り道になっているお宅の門の中に設置)

    (しかし、ブタ男くんは逃げるようにお隣に移動)



    (裏のお宅にも設置)


    (しかし、今度はアパートに移動)

    勤務時間が迫り断念。

    11/21(ゴンママ、会社お休み)
    O様から呼び止められて…
    猫ハウス設置したから、保護器を我が家に置いたらどうか?と。
    O様の家の猫ちゃん


    (温かいハウスを用意してくれました)


    気になって夜9時頃にチャメを乗せて再度来て見ると…


    撤去された家の方角を見ているブタ男くんを発見して、早く捕まえたいと胸を打たれる。


    仙台は霜が降りるほど寒い日が続き、ゴンママROOMの猫たちを見ていると…
    「ブタ男くんも、ひもじいだろう、寒くて淋しくて心細いだろうと…」心配で心配で仕方がありませんでした。
    飼い猫が外に放り出されたら生きてはいけませんからね。
    11/1の引越し当日に脱走して今日で既に3週間です。
    祈るような気持ちでおりました。

    そして、朝の10時にO様から電話を頂きまして「捕まえたよ〜〜〜!!!」と。
    お迎えに行き、真っ直ぐ動物病院で健康チェック後Yお婆ちゃん宅へ。

    O様所有の野生動物用の保護器に驚きました。
    とにかくデカいし、重い…
    車に積むのもやっとでした。


    興奮しているので2.3日ケージ入居となるために網に入れ替えていただきました。




    3週間ぶりに、やっと帰れたお家ですDocomo_kao1

    良かったね顔
    Yお婆ちゃんのご近所の方々からのクレームが、すべて私に向いた数週間でした。
    白猫ママが子猫6匹連れ歩けば、当然目立つはずです。

    やはり、不妊手術の重要性を身にしみて感じたゴンママでした。
    裏の餌やりお婆さんにも、色々とお話を聞いてきましたが、ゴンママが保護して去勢済だった猫さんはこちらでご飯を貰っている猫さんでした。
    Yお婆ちゃん宅で捕まえて去勢した猫さんも、コチラのお宅でご飯をもらっておりました。
    黒猫の小柄の子も来るとのことなので、メスかもしれないので連絡を下さいと電話番号を置いて来ました。
    係わった限りはゼロにしないといけませんからね。
    ブタ男くんを保護して安心したわたしは、久しぶりに1時間ほど昼寝をしました。
    ホント、安心いたしました。

    Yお婆ちゃんの新居脱走猫さんは、その後1匹戻って来て、残りは1匹だけだそうです。
    網戸越しに顔を出したとの情報を得たので、今日からお庭に保護器を設置するからとのことです。
    明日の朝に入っていたら連絡が来ることになっています。
    もう、しばらくお婆ちゃんとのお付き合いは続きます顔



    先日、立体駐車場から保護した猫ちゃんと面会いたしました。現在は動物病院で預かって頂いています。
    いつも快く預かってくださいます。
    獣医師夫人が、2匹共とっても良い子よ〜!と。
    今のところ飼い主さんからの連絡はありません。
    (お兄ちゃん)

    (妹)


    (仙台市動物管理センターHPに掲載されました)
    http://www.city.sendai.jp/shizen/dobutsu/pet/1134.html
    掲載期間終了後にゴンママ負担で去勢手術をいたします。
    偶然の巡り会いですからね。
    お兄ちゃんにべったりの妹です。


    今日のお休みはお天気が良かったので、朝からトイレ洗いをしました。

    午前中は猫さんたちと少しゆっくりすることが出来ました。
    明日、明後日と勤務が続きます。

    ゴンママROOMの猫ちゃんたち。
    お父さんは、相変わらず動きません。


    竹やぶパパは、外を眺める余裕が出てきたようです。






    爪が痛いんですけどぉ


    (黒猫たち)
    最近、三郎が急に成長して男らしくなりました。


    福はとても綺麗な目をしています。




    ゴンママがとっても癒される猫さんが、カカオくん。
    ハッピーの生まれ変わりのような猫さんなんです。
    N公園遺棄猫さんですが、きっと前の飼い主さんから可愛がられたのではないか?と思います。






    突然、カカオの威嚇の声が響き渡り…
    その先には、クマ五郎ねこ
    がっかりします顔




    立町黒ちゃんは、今も尚、触れない猫さんです。


    ゴンママ宅は黒猫がホント多いですね。
    リビングでは、クマ五郎、チャメ、セブン、夫のお部屋に黒姫、ゴンママROOMに黒ちゃん、福、三郎、カカオ
    計8匹です。


    杏仁ママ


    サビちゃん


    チビちゃん














    本日の午後からは太白区多頭飼いのW爺さん宅の小太郎の去勢をいたしました。


    チョビを乗せて




    痩せていて病弱だった小太郎は健康そのものでした。


    ブタ男くん保護にてやっと余裕が出たゴンママの近況ご報告でした顔
    Yお婆ちゃん宅の猫さんの保護で使ったマタタビは3箱でしたDocomo_kao8

    来週は、ゴンママ餌場の猫さん2匹の去勢手術とサビ子猫の目の手術をいたします。
    いつも助けていただき応援して下さる皆様、ありがとうございます。
    ご支援のお陰で外猫さんのTNRが出来ます。
    感謝、申し上げます。


    明日はかびごんサンは白雪のお見合いの為に仕事があるゴンママに代わって東京に行ってくださいます。
    猫ちゃんをキャリーバックに入れて運ぶのは大変な作業です。
    どなたか、リッチェル Pet Gear アイゴートゥトラベラーをお持ちで、使っていない方がいらっしゃいましたら、ご寄付をお願いいただけないでしょうか?東京搬送の際にきっと、かびごんサンが楽ではないかと心配するゴンママでしたDocomo_kao8
    今回も、お見合いの場所の提供をチビタさんが引き受けて下さいました。
    またまたお世話になります。
    いつも助けて下さってありがとうございます。

    どうか、白雪のお見合いが成功しますように…。


    踏んだり蹴ったり。

    0
      こんばんは!

      何故か、ゆっくりできないゴンママです顔

      一昨日のお休みは…
      子供たちが学校に登校してから太白区緑ヶ丘にお引越ししたYお婆ちゃんの前のお家に出向いて保護器を設置しておりました。家の解体は終わり更地になったところを彷徨う「ブタ男くん」を探して保護するためです。
      お婆ちゃんの都合で住み慣れたお家から出なくてはいけなくなったことなど、猫さんたちには関係のない事ですからね。

      Yお婆ちゃんは、「大丈夫、ブタ男は手で捕まるから〜〜!」と言っていたものの…
      姿を見つけて声がけすると、どんどん逃げてしまうのよ…。
      「どうしよう?サトウさ〜〜〜〜〜んエクステンション」と連日のLOVEコール顔

      だから、言ったじゃないの〜!!!とわたし。

      物置に眠っていたところを網で追いかけるわたしに、ブタ男が可哀想だから網はダメ!ダメ!と言ったでしょ?
      もっと可哀想な状況にしてしまっているんだよ!!とキレて怒りしまったわたし。

      この寒空の中、罪のない猫さんが彷徨っていると聞き、Yお婆ちゃんには内緒でひっそり一人で動いておりました。
      保護器を置かせてくださるお家が2軒ありました。
      ご挨拶をして、それぞれ置かせていただくことを了解して頂きました。

      外猫さんにご飯を与えているお家も1軒発見しました。
      ゴンママ自身が餌やりさんなので、マーキングの臭いや、家の周りを見ると何故かわかってしまうんですよ。
      (ピンポンして、こんにちは〜!と玄関に入れて頂いたら、猫ちゃんのドライを発見Docomo_kao1

      年配の女性に、写真を見せたら…
      お庭に姿を見せるとのことでした。ここなら餌付けをしてもらい協力してもらえそうです。

      歩いて、情報を得るのに一苦労しました…

      「ブタ男くん」が毎日通る道路沿いのお宅に今のところ保護器の設置をお願いしております。
      天気の良い日は日向ぼっこをしているそうです。
      「朝10時から午後2時までは比較的うちに来てますよ〜」とのお話でした。

      (一昨日の風景)
      ブタ男くんが寝ていた物置は撤去されて、飼い猫だった彼はどこで寝ているのやら…
      可哀想で仕方がありません。


      保護器をどこに設置しようと考えていたら、ブタ男くんはマタタビの匂いで登場。


      北風が強〜い1日でした。
      保護器に何度も首を入れていたところ、不具合で扉が閉まってしまい…
      びっくりして逃げられてしまいました(-_-;)
      失敗に終わってしまったのです顔



      パニックになっています。

      私の焦りも通じてしまうのでしょうね。
      残念です。
      この日は二度と姿を現さなかったので、断念しました。
      今後のために無理強いはしませんでした。
      でも、寒いから早く連れ帰りたいです。

      昨日、今日とゴンママの勤務前のわずかな時間の設置。

      もしかしたら長期戦になってしまうかもしれません。

      重機やトラックが入っている状態では、猫さんも、落ち着かないのかもしれませんね。





      何とか連れて帰りたいわたしです。


      本日も10時半から13時まで保護器を置かせてもらいましたがダメでした。
      姿すらありませんでしたDocomo_kao19
      2時間後見に行きましたが、入っていませんでした。


      明日以降も諦めずチャレンジします。



      捕獲ならずでがっかりしていた月曜日に会社の総務から電話があり、
      年末調整の用紙の提出日が11/14なので期限を過ぎています!提出期限を守って欲しかったと連絡がありました。
      お休みでしたがあわてて会社に出向き提出してきました。
      その時にいつもお世話になっている駐車場のオジサンが…
      「小さい子猫の鳴き声がするんだけど、気のせいかな?」と言ってきた。
      それも立体駐車場の中から聞こえると…Docomo_kao20
      妙な話を聞いてしまったゴンママは気になって仕方がありませんでした。
      鳴いている場所が立体駐車場の中…
      もしかしたらエンジンROOMに入り込み出られなくて、苦しんでいるのかもなどど、考え込んでしまう始末。
      様子を見ていて欲しいと伝えて、次の日に電話をしたところ…
      やっぱり、猫の声がするというので午前中に保護器を持参で駆けつけて設置をしました。。

      (ぐるぐる回る駐車場のどの部分に保護器を設置するか悩みました)
      ゴンママ車のシートにマタタビを振りかけて、窓を開けておきました。



      お婆ちゃん宅にも保護器設置!をした状態での捕獲劇でした。

      一旦家に帰り、そして、出勤したところ…
      オジサンが「やっぱり、猫が居た〜〜〜〜!!!」と。
      保護器に入った猫さんは、なんと2匹。
      車と一緒に何度も何度もぐるぐる回っていたのだと思います。
      助かって良かった〜(^_^)と思いましたDocomo_kao19
      でも、なぜ駐車場に入り込んだのでしょう???

      もし、ビル管理会社の人が見つけたら、保健所に通報されたことでしょう。
      野良猫さんか、飼い猫さんかは不明ですが、とても馴れている猫さんに驚いたゴンママです。
      結局昨日は、職場に顔だけ出して「お腹が痛いので、帰ります」と嘘をついて、仕事を休みました。
      まずは、動物病院まで猛ダッシュ!!!

      貧相なお顔がたまらなく可愛い順和風の白黒猫さんとサビが入ったキジトラ系の子猫さんの2匹を保護いたしました。あまりにも馴れている為に動物管理センターに通報いたしました。
      センター外保護扱いにしてもらいました。
      もしかしたら探している人が居るかもしれません。
      ママ猫だと思っていた白黒ちゃんは、生後半年位の男の子でした。
      子猫を守るかのように抱きしめて保護器に入っていました。

      獣医師預かりの元掲載期間満了後、ゴンママに譲渡されます。
      2匹分のワクチン+駆虫をお願いして、譲渡後去勢手術をいたします。
      急な出費ですが助かった命です。

      またまた猫さんの保護をしてしまったゴンママのお話でした〜(-_-;)
      仙台市青葉区一番町2丁目付近はビルだらけ、しかも、街のど真ん中での保護です。
      探している人はいませんか?



      保護器からキャリーに入れ替えの際にゴロゴロいうほどの猫さんです。

      センターの保護猫情報に掲載されます。
      迷い猫?迷子猫?捨て猫?馴れている外猫?
      なぜ、駐車場にいたのか口が利けるのなら教えて欲しいです。


      お兄ちゃん猫はカツラをかぶっているみたいな柄です。
      性格は抜群だと思います。
      去勢後、ウィルス検査をいたします。
      どなたか、お迎えいただけませんか?


      憎めない顔をしています。


      なぜかゴンママのところにやってくる猫さんが後を絶ちません(-_-;)
      運命なのでしょうか?
      飼い主さんが現れない場合は、里親さん募集になると思います。
      子猫ちゃんはメス 2ヶ月くらいです。


      ゴンママさん、猫さんレスキューするのに駐車場で転倒し、着ていた服がブリッと裂けた〜〜〜エクステンションDocomo_kao20



      レギンスを履いていましたが、お尻丸出しパンツ〜丸見え〜での帰宅でした(;一_一)

      猫さんに殺される勢いの 踏んだり蹴ったりのゴンママのお話でした(^_^;)



      【 お 礼 】
      泉区在住のK様より支援フードを送って頂きました。



      いつもありがとうございますハート


      困ったものだ。

      0
        おはようございます!

        先週は金・土・日と連続勤務が続き、今週は昨日だけがお休みで…
        今日から、また火・水・木と続きます。
        週4日間の契約なのですが…
        月・水・金・土とか、火・木・土・日だと働きやすいのに…と思ってしまいます。
        ギフト注文等でこの時期はとても忙しいです。
        仕事の電話以外のクレームがありました。

        昨日の早朝の忙しい時間に俺様殿様夫から1本の電話がありまして。
        「ガッカリしたなぁ…」と一言。
        チャメがゴンママRoom前で「入れてくれ〜」と鳴いていたのでドアを開けたそうなのですが…
        私の寝相の悪さを指摘するクレーム電話でした。
        大股開きで尻をガリガリガリガリ掻きむしって寝ていたそうで…。
        あまりの酷さに5分間ほど眺めていたそうです。
        お股の間にはカカオ、両脇にはモッチと白ママ。
        枕の上には竹やぶパパがいたそうで…
        猫さんに囲まれて眠っていたそうです…
        鼻の穴もほじっていたんだとか…

        なぜにガリガリ掻きむしっているのか?パンツがきついなら買えばいいじゃん???と…
        大きなお世話じゃ〜〜〜〜!どんな寝方をしているか知らんわい!


        あの姿が忘れられないほど、衝撃だったので、忘れないうちに電話をしたそうです。朝の6時の電話でした。
        忙しい朝からのクダラナイ電話に(;一_一)怒り怒り
        ムカムカのわたし。

        夫の寝顔を10分も見たくないゴンママのお話でした(-_-;)
        ちなみに、ゴンママ夫は朝4時半には出勤します。
        昔は朝、起きてお見送りしてましたが…
        尻を搔いて寝ています(ーー;)


        実はここ1週間事件がありました。
        なんと…
        竹藪パパをゴンママが脱走させてしまっておりまして…

        誰にも言えずに悶々と悩み困り果てて行方を追って探し回っておりました。脱走2.3日は声をかけると猛ダッシュして逃げていて、足取りはつかめておりましたが…
        その後は姿を見せることなく、心配で心配で…
        夜も眠れないほど…

        家の場所は把握しているのに帰って来たくても来れない事情は この方の存在です。
        ゴンママお庭に住み着いている外キジくんです。
        (ゴンママ宅の警備猫)

        ゴンママが玄関から出ると 走って来て「おはよう!」とご挨拶。
        帰宅すると駐車場までお迎えに来て「おかえり〜!」とご挨拶。

        自分のテリトリーに入って来る雄猫と必ず喧嘩をする猫さんなんです(-_-;)
        クマ五郎とは威嚇し合う毎日ですからねぇ。

        きっと、喧嘩を嫌うパパは怖かったのだろうと思います。

        あっちこっちにご飯をばら撒いて、パパの行動をチェックしていましたDocomo_kao19
        半べそかいて、パパが好きだった鈴付きの猫じゃらしを持って夜な夜な「パパ〜パパ〜」と呼び続けてDocomo_kao19
        ご近所の人は家出をした夫を探していると思ったかもDocomo_kao20

        ご近所のI様のお宅によく「りんこさん」が遊びに行きます。
        そちらのお宅にパパの相談をしたところ、見かけない大きな白黒の猫がいますけどぉ!とご主人さんが…
        どこにいるのかと思ったら、そのお宅の車の下からパパが顔を出しました。
        腎臓が悪くて、輸液が必要な猫なんですと伝えたところ、夜になるとここで寝ていますと教えてくれました。

        我が家から直線にして100m先のお宅に出没していることが分かったので、一昨日の仕事帰りにコンビニからダンボールをもらってダンボールで入り口をふさいでガムテープでぐるぐる巻き巻き作戦を決行しました。
        パパが入っているかどうかは不明でしたが、夜10時過ぎに忍び足でハウスに近づき入り口を塞ぎ、母親にSOSの電話をして小屋丸ごとゴンママ宅まで運びました。
        階段を上る作業は高校生の息子に頼んで、汗をかきながらハァハァと持ち上げて、ゴンママRoomでリリースDocomo_kao19
        涙涙の捕獲劇でした。
        脱走したものの帰れなくなってしまったパパの悲しい物語の犯人はゴンママです。
        申し訳ないことをいたしましたDocomo_kao19
        ご飯が喉を通らない1週間でした。おかげさまで痩せました。
        ファッション雑誌のシニアモデルになれるかも〜〜(^_^)

        保護されたお殿様ですmitsuba









        これまで抱っこが出来ませんでしたが、抱っこもさせてくれます。
        ここが安全だと理解してくれたのだと思います。

        化石のようなお父さんは…
        「オマエ、馬鹿だね〜!」
        大人しく居ろよな〜!飯も食えるのに〜と。

        お父さんは、まさに動きません!!!




        そういえば国分町でも、ほとんど、動かなかったぁ。


        超希少動物ですよ〜!
        里親募集中です。

        飼育しやすいお父さんです(^_^)

        現在腐れ縁のYお婆ちゃん宅の「フキくん」も同じ性格です。
        昨夜も行って来ました。
        彼もトイレ以外はここから動きません。


        なんか、この3匹兄弟みたいで…
        ウケるんですけど〜〜〜〜〜顔
        でも、でも、竹やぶパパの脱走にとても心痛めたゴンママのお話でした。
        あまりの辛さに体調不良でした。
        ホント良かった。
        ご近所さんに助けて頂きました。

        そして、早速ご近所猫さんを昨日、捕獲して去勢・ワクチン・駆虫いたしまして、リリースしました。



        まずは、ゴンママ近所猫さんのレスキュー終了です。
        まずは足元からの活動です。

        この度、竹やぶパパがたどり着いたお宅のI様から、ご近所猫さんの手術代の一部として5,000円のカンパを頂きました。有難いです。
        お外の猫さんにも関心を持って下さって温かいお気持ちで見守って下さる方々には感謝しております。
        我が家の外にもご飯を置いてますから、この猫さん頑張ってこの冬を乗り越えてもらいたいです。
        I様のお宅でも、りんこさんがいつ遊びに来てもいいようにご飯を置いてくださっています。
        一代限りの猫生を全うしてもらいたいです。

        ちょっと、嬉しいご報告(^_^)

        0
          こんにちは(^_^)
          昨日、ブログの更新をしてから出勤するつもりで入力しておりましたが、結局完成せずに出勤しました。
          夜、うしまるさんと会話中にブログが中途半端で終わっていますね?と言われて、気づきました(-_-;)
          最近、当たり前のことが出来なくなってきています(;一_一)
          下書き保存したつもりでしたが 公開していたんですね〜(-_-;)


          と、ところで、
          10月31日にN公園で猫さんたちのご飯担当のHさんが新入り猫さんを発見し保護しましたDocomo111と連絡を受けておりました。
          とんねこくん:http://www2.hp-ez.com/hp/tonneko/page11
          と保護器を設置したところ、黒い影が走って来てパタンの蓋がしまったそうです。
          狙いを定めた猫さんではない子が保護器に入りました。

          N公園では、これまでも数々の猫さんたちが遺棄されております。
          保護器の中を覗いたところ、綺麗なロシアン系の猫さんで、比較的馴れている?ような感じがしたので、獣医師より手術は勝手に出来ないので仙台市動物管理センターに「迷子猫かも」と通報をして、保護期間満了を経てから手術をするべきということになり動物病院お預かりの元で飼い主さん探しをしておりました。

          もちろん、飼い主さんは現れずに、11/13に譲渡可能猫さんとなりました。

          とんねこくんtwitterで呼びかけていました。
          https://twitter.com/_tonneko

          そんな矢先、先日、ココちゃん(光生)の飼い主さんのI様とココ(光生)&イヴちゃんの遺骨を取りにペット斎場までご一緒させて頂き、ココちゃんを治療してくれた獣医師に挨拶がしたいということで二人で伺いました。
          その時に、N公園から保護した猫ちゃんとI様がご対面したところ…

          運命的なものを感じると言って下さって急遽、お迎えくださることになりました。
          1歳未満の男の子です。
          (保護当初の写真)

          N公園の猫さんたちを日々お世話しているHさんが、もし、飼い主さんが現れない場合は自分が保護をして里親さんを探す覚悟をしていましたが…
          突然のI様の一言でとても喜んでおりました。

          ココちゃんは永くは生きられませんでしたが、ココの分まで可愛がりますからと言って下さいました。

          ココの死は、I様にとっても、かびごんサンにとっても、つらく哀しいことだっただけに、今回のことは、私もかびごんサンもとても嬉しく思っております。
          Iさん、ありがとうございます。
          もちろん、公園でお世話しているHさんは、いいんですか???
          良かった〜〜〜〜(^_^)と大変感謝をしておりました。

          HさんとIさんが折半で医療費を負担して下さいました。
          ウィルス検査 エイズ・白血病(-)・去勢手術済・駆虫・ノミ取り済だそうです。
          ただし、回虫くんがいらっしゃったそうです。
          それでも気にしないと言っていただきました。
          そして、昨日の11/16(日)ココママのI様がお迎えくださってお家に連れて帰ってくださいました。

          良かったね〜!可愛がってもらうんだよ〜!


          お名前は「クレイくん」だそうです。
          推定年齢は、まだ1歳未満だろうとのことです。
          FIP後のコロナウィルスを心配しておりましたが、新しいトイレを設置して別トイレで様子を見てくださるそうです。まだビビリくんですが、どうぞよろしくお願いいたします。

          嬉しいご報告でした〜(^_^)


          発情が来る前に。

          0
            おはようございます。

            急に寒暖の差が大きくなりました寒い

            ゴンママの近所の餌場にも、泉崎にも新入りオス猫くんが出没しております。

            ご近所餌場にたびたび顔を出した黒猫くん。
            10月からほぼ毎日待っているようになりました。


            ゴンママのお庭でも最近、新入りくん発見。
            外キジくんにいじめられていました。
            チョビに似ている男の子。



            まだ若い猫さんだと思います。
            小学校の園庭で何度も喧嘩の声を聞いていて気になっていたら、この子がポツンとおりました。
            外キジくんの為に置いているご飯を食べたくてうちに来たのだと思います。
            庭猫とらちゃんの兄弟だったりしてと思ったり…

            発情が来たらメス猫さんを追いかけて喧嘩もするでしょう、事故にも遭うでしょう。
            貸し出ししている保護器が戻って来たら来週から取り掛かります。
            まずは、自分の足元の改善です。

            うちの猫ちゃんは去勢はしません!!とおっしゃる方がおりますが、発情の声やマーキングによくぞ耐えられますね?と聞きたいです。
            当たり前と思っていることが当たり前と感じない方とは会話を重ねてもダメですね〜〜〜・・・
            手術をしませんか?
            殖えますよ…と会話をしてきた方から、1年後、2年後にご連絡を頂くことが多いです。

            「あの時に言いましたよね?」とついに言ってしまいます。
            毎年、毎年、この時期になると寒さで外の子が不憫になり相談を下さるのでしょうが…。
            少ない頭数の時に手術をして欲しかったと思います。

            動物病院と相談しながら、手術をして下さるようにお願いをいたしました。
            地域猫のご相談は案外、動物病院でも相談に乗ってくれます。
            一人で悩まないで動物病院の力を借りることも解決につながると思います。
            ご飯を与えている以上猫ちゃんたちの将来を考えて欲しいなぁと心から願います。

            【去勢手術の利点】
            (1) 発情期に放浪することがなくなるので、事故にあったり伝染病に感染する機会が少なくなる。
            (2) オス猫特有のマーキングが消失する。(しかし100%ではないと思う)
            (3) 手術前よりも性格が穏やかになる。
            (4) 脱走して迷子になる危険が少なくなる。
            (5) 妊娠をさせない。
            一般的には体格が成猫に近づいたら行うことを勧められます。
            (しかし、少なくとも、6ヵ月以上がよいとする獣医が多数派である)。
            でも、根拠となる文献は見当たらないようです。
            と、言うわけでゴンママお庭猫+ご近所黒猫くん+泉崎キジ白くんの3匹の去勢をいたします。

            来週月曜日は太白区多頭飼い崩壊W爺さんからの「小太郎」の去勢をいたします。

            小太郎の里親さんのお庭から保護した兄妹は馴れたらお迎え下さるとのお話を勧めておりましたが…
            パパママが賛成でもお爺ちゃんからSTOPがかかりました。
            「うちは1匹飼いでいきます!」と。
            外猫だった子猫たちは現在ゴンママ宅におります。









            現在、お声のかかっている方と交渉中です。
            まずは女の子の目の手術をします。
            避妊・去勢・5種ワクチン2回済・ウィルス検査(−)・駆虫済


            先日、元会社の先輩の依頼で保護器をお貸し保護した時に相談を受けたT様が、お外で暮らしている親子猫さんのTNRをしてあげたいからとゴンママ宅に保護器を取りに来て下さって金曜日の朝から決行して下さいました。
            半べそかいてやりましたとメールを下さいました。
            一気に3匹の保護→病院搬送→リリースいたしました。
            普段はフルタイムでのお仕事なので、今日しかないからと頑張ってくださいました。

            数年前はアニマルクラブ石巻さんにお世話になって、母猫はリリースして子猫数匹は保護をして里親探しをなさったそうです。その時は手で捕まえられる猫さんだったそうです。
            イヴちゃんにお花と人間様支援フードをお土産に頂きました。



            猫さんたちに、沢山のお金がかかったのにお気遣いいただきましてありがとうございます。



            コメントを下さいましたあんず様、里親E様、そして、ご心配頂きお振込みをして下さる皆様ありがとうございます。ご飯を置いている場所には、なぜか次々猫さんたちが集まります。
            金銭的な面を考えれば「またかぁ…」と哀しくなりますが、やはり、極寒の発情は可哀想です。
            不幸な命を産ませないために、餌場に現れた猫さんたちには不妊手術を施してあげたいと思います。

            助けて下さる皆様に感謝し同じ思いの人同士、助け合いながらTNRをいたします。


            ゴンママ宅では…
            国分町のお父さんは、いつも、同じ位置から動きません。
            首すら動かさず…
            口元に近づけないとちゅーるすら舐めない。


            白ママは治療の甲斐がありました。
            目の浮腫が治まりました。




            杏仁ママは…
            朝からねずみで遊んでくれ〜〜と咥えて持ってきます。
            しかし、抱っこしようとすると、完全拒否。


            国分町公園 ちびちゃんも同じです。



            庭猫たちは自由そのもの




            落ちてくる落ち葉で遊ぶ






            外キジくんとクマ五郎は連日威嚇し合う。












            ゴンママの餌場はみんな元気ですが…
            シマ次郎が口が痛いようで、コンベニアを打ちました。









            ゴンママは猫さんたちの寝顔に後ろ髪をひかれながら、これから出勤ですDocomo111
            今週もなぜか、金・土・日と出勤のシフトです。


            白ママはフミフミしながら寝るんです。


            国分町ちびちゃんに毎回、睨まれます。



            かびごんサンの更新したブログを見て…
            白雪がなんて美しい猫かと…
            もちろん、カメラの腕前もお見事なのですが。
            つい、うっとりしてしまいました。

            それに比べてゴ○ママさんの写真は、なんと適当な写真撮影なんでしょう???
            がっかりしました(;一_一)
            かびごん氏がおっしゃるのにはカメラそのものの機能を使いこなせば綺麗に撮れますよ〜とのことなんですが…

            やっぱ、わかんないです。
            どのボタンを押すとどうなるのか?も…(-_-;)

            今度はうちの猫たち5匹づつ網で捕まえてかびごんサン宅で写真撮影をしてもらいますDocomo_kao20
            な〜んちゃって…暴言でした(^_^)

            馴れている三毛ちゃん、もっち、白ママは大丈夫だと思います。

            是非、かびごんサンのブログを見てください!
            http://kabigonsatooya.blog.fc2.com/

            涙が出る〜〜〜(-_-;)

            0
              とってもお騒がせのお婆ちゃんとの お付き合いも5ヶ月目に突入いたしました顔

              白猫ママは我が家。
              子供たちもかびごんサンのお陰で幸せになれたのに…Docomo_kao19
              お婆ちゃんYさんの飼い猫さんたちについてショックの連絡が入りました。
              前の家から必死に捕まえて家の中に入れた猫さんたちの数匹が、忽然行方不明だと連絡を受けたのが…
              つい3日前。

              そんな訳で、毎日、毎日通っておりますDocomo_kao18

              昨夜は、わたくしゴンママがダウン顔
              多分、過労。
              夜10時前にはお布団に入って朝まで爆睡。


              今頃になって、「サトウさ〜ん、引越ししなければ良かった〜!穴だらけの家を購入させられたのよ〜顔」と。

              行ってみたところ…
              備え付けの棚の床に大きな穴が開いていました。



              猫さんたちが爪とぎをしただけで穴があいたようです。
              木材が既に腐っていたようです。


              軒下から外に抜けてられる訳はないし、また帰ってくるのだから、待っていたほうがいいですよ〜!と伝えていたところ「猫たちが外に出て、木登りをしている」とDocomo_kao20
              お腹が空いたら帰ってくるから待っているしかないと伝えたものの1匹出て、2匹出て、1匹戻って、3匹出てと2匹戻ってを繰り返したようで…
              「もう限界!!!」と連絡を頂き、便利屋さんに来てもらい対応してもらいました。
              出勤前のバタバタ依頼の数日間でした。
              高齢の爺さん婆さん猫は寝たきりで動かないから大丈夫でしたが…
              7.8歳組の3匹が全く帰ってこないそうです。

              猫たちが自由に動けるようにと、2部屋オープンにしていましたが…
              お部屋を仕切る応急措置で板を貼り付けて一部屋だけにしました。

              (便利屋さんが即、動いて下さいました)


              穴から帰って来る猫たちを捕まえて、一部屋に閉じ込め作戦を決行。

              動かない爺さん婆さん猫は特に問題なし




              この子は人間大好きなので、ゴンママと便利屋さんにべったりくっ付いて移動します。


              脱走防止の網まで張って、猫たちと穏やかに過ごそうとしていた矢先のハプニングでした。


              昨日は朝9時からゴンママ助っ人にて、
              8.4kg猫を捕まえて


              キジ白を捕まえて


              若い方の三毛を捕まえて


              残りの猫さんたちは、ゴンママが居ると姿さえも現さないからと、一旦帰りました。
              茶トラ1匹と茶白2匹が現在、行方不明です。
              解体している家にもまだ1匹の猫さんが取り残されています。


              穴から猫さんが戻ってきたら、床下の穴を塞ぐことになりました。
              ゴンママができることは、ここまでだからね!と、伝えております。
              Yさんからの連絡待ちとなりました。
              いや〜ヤレヤレです。
              日々ハプニングのゴンママです。



              管理センターからの依頼のHさんは、ずっと心配していたママ猫の確保に成功しました。
              お一人で連日頑張って下さっています。
              あと、子猫1匹で終了だと昨夜、連絡を受けています。

              子育てしている親子猫の姿を見て「何とかしてあげたい!助けたい!」という気持ちから動いて下さって本当に感謝しています。
              ゴンママ助っ人に行けず、
              きっと、不安だったと思います。
              Hさんから昨夜メールを頂いております。

              「良かった。
              母猫捕まりました。

              あとは誰がご飯を与えても安心ですね…」と。
              フルタイムでお仕事をしながら、夜9時から連日の保護→搬送→お迎え。
              この大変さは、やっている人しかわからないと思います。
              同じ思いの方から沢山のありがとう!をもらい、ゴンママも元気に過ごしております。


              昨夜もまた、猫つながりの方からケージのご支援がありました。
              わざわざゴンママ宅まで届けて下さいましてありがとうございました。

              彼女もまた、外で子育てしている親子猫さんを丸ごと保護したそうです。
              その時に相談したところが「アニマルクラブ石巻」様。
              代表のアベさんにご指導を頂き、仙台担当Sさんから保護器を借りて決行したそうです。
              仙台担当のSさんとゴンママは古〜いお付き合いをさせて頂いております。
              ゴンママにフード支援やカンパをして下さる方で、いつもお互い様の間柄です。
              そんなつながりの中で、若いエネルギッシュな女性と出会うことができました。
              今後、捕獲作業のお手伝いしますから〜と言って下さいました。
              ありがとうござます。
              ケージは必要な人と分けさせて頂きます。


              人間様用にフード支援顔
              美味しく頂きました。


              ケージを支援したいからと、あるペットホテルの方にご相談をなさったところ、ゴンママさんが必要かもと教えて頂いたそうです。
              チャリママさんの知人の方のご紹介でした。

              不思議と人と人とのご縁は深〜くつながっているものだな…と思いました。
              有難いです。

              これからも、ご縁を大切にしたいと思っております。



              東京のジラソーレ様よりフードのご支援がありました。

              ゴンママと「うしまる」さんが大変お世話になっております。
              ジラソーレ様もお外の猫さんを不憫に思い活動していらっしゃる方です。
              ご自分も大変なのに、いつも、ご心配頂まして、ありがとうございます。

              外猫を想う方たち。

              0
                おはようございます。

                金・土・日と連続勤務で、疲れが取れないゴンママです(-_-;)
                最近、とっても老けたような気がする〜〜〜〜!

                あと2ヶ月も過ぎたら51歳に突入します(;一_一)
                残念(+_+)

                私には妹が二人おりますが、妹たちは既に子育てが終わっております。
                「若い頃は、好き放題遊んでいたから今頃苦労して当然! ”ざま〜みろ ”」と思われているようです。
                本来ならば成人を迎えた子供がいて当たり前ですからね。
                ゴンママ姉妹の一番末の妹は19歳で出産しています。
                2番目の妹も20代半ばで出産していています。

                子供が小さい分、まだまだ頑張れ!ということだと思っています(;一_一)
                頑張らなくちゃ!!

                イヴちゃんの鳴き声が響かなくなってから数日間。
                じわじわと淋しさがこみ上げてきます。
                猫さんも可愛いですが、犬は体全体で表現してくれる動物です…

                看取りの中で、後悔の無い看取りはないと思います。
                外の子を家に入れて亡くなれば「外の方が幸せだったのでは?」と後悔します。
                急死する子がいれば、一緒に居て気づいてあげられなかった…と自分を責めます。

                もっと早く病院に連れて行ってあげていれば…
                詳しい検査をしていたら…
                あの時、家に居れば…
                病院を変えていれば…
                もしかしたら…

                「助かったのかもしれない…」と。


                治療をして助かって元気になれば「良かったぁ〜!」と喜べることも…
                亡くなってしまうと…
                思い悩み、苦しみ、満たされない気持ちから、考え込んで落ち込んでしまいます。
                何度も何度も繰り返して来ました。
                どんな亡くなり方でも必ず後悔はします。


                数年前までは、犬も猫も10年は生きる動物と思って過ごしてきました。
                しかし、保護する頭数が増えればそれだけ看取る頭数も増えます。
                その度に涙を流し…
                何も手付かずになる。


                ここぞとばかりに…
                家族に叱られるわたし。


                ハゲッピ(夫)は「泣くのなら、保護するのはもう止めてくれよ!!!」と、
                先日、一人で怒り狂っておりました(;一_一)
                ん〜難しい…

                泣いていても叱られて、笑っていても叱られる(俺を馬鹿にして〜と思っているらしい???)
                被害妄想が入っているゴンママ夫です(-_-;)

                スマートフォンに機種変したかったのに…
                ゴンママが多忙の為に付き合ってくれなかったと未だに恨まれております。

                今回の夫婦喧嘩…
                根は深そうです。
                家出をするふりのアクションがありましたが(;一_一)
                帰ってきます。
                確かに日々忙しいので、叱られて当然かもしれません。。。


                数日前に動物管理センターから再度保護依頼のお電話を頂きましたが…
                Yお婆ちゃんの現場がまだ終わっていないご報告をして、家族の同意がなかなか得られないこと、子供の学校行事がたくさんあることを告げて保留にして頂いておりましたが…
                依頼者Hさんは今年の4月から外猫さんを不憫に思い、ずっと管理センターに相談していた方だということがわかりました。しかし、センター側は猫さんたちの居る場所がスーパーマーケットの敷地内であること。
                お店の店長さんにご協力を頂いてからの保護決行でないと後々トラブルが生じるとのことで会話を重ねて了解を頂いてからという説明だったそうです。
                そうこうしているうちに子猫たちは大きくなり中猫サイズとなってしまい不妊手術を考える状況になってから焦っての依頼でした。
                偶然、お世話になっているT犬猫病院さんからもお願いをされ、現場がゴンママ宅から近くだったので一昨日の夜10時頃にHさんと猫たちが居るスーパーマーケットにて待ち合わせをいたしました。
                他に餌やりさんも居るようですが、フルタイムで仕事をしているHさんは餌やりさんとは会ったことはないそうです。

                また、子猫を産んだら可哀想だからと、切羽詰まった状態の依頼でした。
                ママ猫1匹と子猫(中猫)4匹の計5匹の保護です。

                ママ猫は何度も望まない妊娠と出産を繰り返しているようだとのことで、子猫4匹はHさんが保護して里親を探して、
                ママはリリースするとのことです。
                一昨日はお手本を見せるために子猫の保護決行→2匹保護成功→翌日動物病院へ一緒に行きました。

                (子猫2匹の保護に成功)



                病院にてHさんがノミ駆除・駆虫・5種ワクチン・入院代を支払いました。
                3段ケージをゴンママがお貸しした後連れ帰ることになりました。

                (保護した子猫さん2匹共メス猫さんでした。来年早々発情出産が待っていましたが未然に防ぐことが出来ました)


                残り3匹でしたが、昨夜Hさんがお一人で1匹保護成功しております。
                残りは子猫1匹とママ猫だそうです。
                (近況報告の写メを送って頂きました)

                いよいよ寒くなってきましたので今年産まれの子猫たちが、幸せに暮らしてくれることを祈りつつ、
                同じお気持ちの方からパワーをもらう今日この頃です。
                Hさんの住宅環境は猫さん1匹とワンちゃん5匹を飼われているそうで…。
                人の出入りがあるリビングに3段ケージを置いて、頑張って馴らしますからと言って下さっています。
                2匹は既に里親さんが決まっているそうです。
                今晩もお一人で頑張って保護に向かいますとご連絡を受けています。
                有難いです。
                過酷な外の子が1匹でも幸せになることは私の励みになります。
                Hさん、どうぞよろしくお願いいたします。


                H・Tさんご夫妻にも感謝しております。
                葛岡に行ったときに猫さん数匹と巡り会い、今回、TNRのために動いて下さっています。
                既に2匹保護して下さいました。
                有難いです。
                どうか、寒い冬を乗り切ってもらいたいと思います。



                国分町タヌキくんのご報告をSさんから頂いております。



                お世話をおかけしております(-_-;)


                うしまるさんから、フード支援がありました。
                ご自分も大変なのに…
                ありがとうございます。


                シーバ、モンプチをわざわざ箱から出して送って下さる優しさ。
                ありがとうございます。







                現在、かびごんサン体調不良です。
                早く治して元気出して下さいね。

                イヴちゃんのご報告&会計報告

                0
                  いつも大変お世話になっております。
                  残念なお知らせがあります。

                  色々なことが重なりましたDocomo_kao19

                  イヴちゃんの病気については、覚悟はしておりましたが…
                  昨日の夕方、息を引き取りましたDocomo_kao19

                  犬の肝硬変や、肝性脳症について私なりに色々と調べましたが、あまり詳しい情報がなくて…
                  獣医師に相談しながらの看病でした。
                  10日くらい前からは、すごく調子も良くなり、腹水もなくなってきたので、喜んで10/30に動物病院に行きました。神経症もなく、食べたい!食べたい!と催促するほど元気になって…
                  私が帰宅すると外まで聞こえる声でワンワンと鳴くほどでした。
                  とっても、喜んでいたのに…
                  錯覚だった事を獣医師の一言で知ることとなりました。
                  血液検査の結果を見た獣医師が「ぬか喜びだ〜! 残念だ…。」と叫ぶほど。
                  肝臓も腎臓もボロボロ数値でした。
                  一昨日の朝まで食べ続けていましたが、あっと言う間に容態が悪化して…
                  私の留守中の発作だったのですが…苦しんだ形跡がありました。
                  意識がない状態の時に帰宅。
                  発作と戦いながらわたしを待っていたんだと思います。
                  可哀想なことをしました。


                  最期はかなり元気になっていたように見えていたんですが、
                  限界を越えたギリギリ状態で頑張っていたのだと思います。
                  肝硬変に伴う肝性脳症の発作から3度も復活してくれて、私を喜ばせてくれましたが…
                  発作の時は、ほとんど眠る事なく何時間も徘徊して、聴覚や視覚まで異常をきたし…
                  色々な神経症状が現れて、水さえも飲めない…といったことが何度もありました。
                  体重は6キロ台にまでなっておりました。

                  もう、ツラい発作から解放されたんだよ。
                  もう、苦しむことはないんだよ!と言ってあげたいです。
                  家の中が急に淋しくなりました。
                  12/24のクリスマスイヴに我が家にやって来て…
                  直ぐに猫たちと仲良くなりました。
                  ハッピーがとても可愛がってくれました。

                  (12/28)


                  (12/31)
                  亡きハッピーといつもべったりでした。


                  歯がかゆくて何でも齧る。


                  サビちゃんもイヴちゃんとよく遊んでくれました。


                  猫のオモチャだけに反応?


                  (1/3)
                  猫を見習って爪とぎを覚える。


                  (1/8)
                  お手を覚える。


                  (1/15)


                  (3/17)
                  顔つきが大人になって来ました。


                  (5/15)
                  元気に走る姿を見て喜んでいました。


                  (6/7)
                  カカオくんとべったり。


                  (7/30)
                  イヴちゃん生理が来て、避妊手術が延期となる。

                  このころから、何となく元気がないような気がしていました。

                  (8/31)
                  竹やぶパパとはいつも舐め合う関係



                  成長を楽しみにしていたのですが…

                  この頃腹水がたまっていることを知る事となり、悩んだ挙句、手術に踏み切りました。




                  10/30には腹水もなくなり、山吹色のオシッコから普通のオシッコをするようになったイブちゃんの状態に喜んだ私は、手術をして下さった先生を訪ねました。

                  光生(ココ)のFIPの検査結果を聞き、衝撃を受けた後、
                  イヴちゃんの血液検査の値が非常に悪いことを告げられて…
                  ダブルショックのゴンママでしたDocomo_kao19

                  あと、わずかの命でしょうね…と。
                  どんな亡くなり方でも後悔はしますが、もう少し早くイヴちゃんの変化に気がついていれば…と後悔。

                  食後によくゲップをしていたイヴちゃんでした。

                  肝硬変になる前に手術をしてあげればきっと助かったのかもしれないと、今更ながら考えているわたしです。

                  どうか痛みや苦しみのない世界から見守って、応援してね。
                  と、お願いしています。
                  今頃はイヴちゃんが大好きだったパッピーと仲良くしているはずです。
                  これまで、沢山の動物を看取りましたが、やはり、若い子との別れはつらいですね。

                  開腹手術をして痛い思いをさせてしまいました。
                  ごめんね〜!イヴちゃん。


                   会 計 報 告

                  前回繰越額(2014.09.末〆)
                  計−154,777円
                  (2014.10.01〜10.末迄)
                  収 入 の 部
                  愛すべき野良猫の会より:ゆうちょ銀行 記号18130 番号6841811
                  通帳合計





                  181,000円


                  (通帳以外の入金)

                  保護器貸し出し
                  熊谷様よりご支援金を頂きました。
                  10,000円

                  保護器貸し出し
                  大友様よりご支援金を頂きました。
                   3,000円


                  保護器貸し出し
                  富沢S様よりご支援金を頂きました。
                  10,000円


                  塩釜里親S様よりご支援金を頂きました。
                  10,000円


                  礼音&美音里親K様(山形市)より
                  医療費協力金
                   3,000円を頂きました。


                  羽音&莉音里親N様(東京)より
                  医療費協力金・ご支援金
                  20,000円を頂きました。


                  白黒斜頸ちゃん(ピノちゃん)の里親東京の遠藤様より
                  避妊手術代の一部として
                  10,000円を頂きました。

                  県北の鈴木さんよ立町猫さんのTNR代
                  10,000円を頂きました。

                  管理センター依頼Yお婆ちゃんより
                  白ママ避妊・雄去勢(リリース)
                  24,500円を頂きました。

                  通帳以外の入金合計
                  100,500円
                          
                  収入の部合計
                  285,500円

                  支 出 の 部
                  (動物病院)
                  F犬猫病院











                  212,350円


                  T犬猫病院



                   12,590円


                  G犬猫病院

                    8,770円

                  光生(ココ)検査治療費
                    8,000円(かびごんサンと折半)
                  6,300円(インターフェロン代)
                  (F犬猫病院の領収書に含まれています)

                  (各動物病院合計)
                  241,710円

                  (その他経費)
                  11/2譲渡会経費
                  新聞広告掲載料

                  14,418円

                  ケージ購入代(Dogレスキューさんへ支払い)
                   3,500円

                  ガソリン代
                  22,226円

                  高速有料代
                   3,180円

                  駐車場代
                   2,050円


                  宅急便・切手・レターパック
                    830円


                  (ネット購入)
                  ベルちゃん里親さんへ
                  トイレ&猫砂
                  4,752円

                  イヴちゃん肝臓食
                  3,654円
                  3,198円


                  家猫・外猫関係
                  (家、外猫フード、猫療養食、猫砂、またたび、捕獲用フード)
                  142,202円


                  (その他経費計)
                  200,010円

                  支出の部 合計
                  441,720円 


                  2014.09.末〆前回繰越額 
                  −154,777円

                  2014.09.末〆 収入
                  285,500円

                  2014.09.末〆 支出
                  441,720円

                  (当月収支:285,500円−441,720円=−156,220円

                  10.末〆
                  −310,997円

                  会計報告は10/末〆にて計上させて頂きました。


                  ご自分も大変な中、ゴンママを心配してお振込みをして下さる皆様、いつも感謝しております。
                  貴重な生活費の中からご送付いただいたお金だからこそキチンと計上して大切に使わせていただいております。
                  助けて下さってありがとうございます。


                  10月初めにチャリママさんより、白血病が出たゴンママROOM猫さんを心配して、
                  ゴンママ宅の保護猫の為にと、20匹分のワクチン代(10/2:16匹・10/4:2匹・10/30:2匹)
                  ウィルス検査2匹分の計72,900円を直接動物病院にお支払いくださいました。
                  残りの猫たちは徐々にワクチン接種をいたします。
                  助けて頂き、いつも心配してくれて、ありがとうございました。

                  本当にありがとうございます。




                  現在のゴンママ、既に個人の枠を超えている活動になっております。
                  今月の医療費については、クレジット支払いをしてしまいました。
                  仕方がない。
                  かかる時はかかるのです。

                  急遽、国分町猫さんの保護、ご近所の子猫2匹の捕獲後の避妊・去勢・ウィルス検査・ワクチン・駆虫等の医療費がとても大きかったですね〜。外からの猫さんを家に入れる際は慎重になります。

                  キャパ超えを承知の上の活動ですが、金銭的に限界を感じるようになりました。
                  パワフルゴンママ、きっとお年なんですね。
                  今後の色々なことを考えるようになりました。


                  ちなみにご近所子猫の避妊後の抜糸と2回目ワクチンを本日終了いたしました。
                  (外猫ちゃんとは思えないほど、とても良い子たちなんです)
                  キジ白(雄)


                  サビ(雌)

                  目の中の膜の下に眼球が見えました。
                  もしかしたら目は大丈夫かもしれないよと言われました。
                  来週、膜を取り除く簡単な手術をしていただきます。
                  1万円にて交渉済です。



                  白ママはゴンママ宅でストレスを感じたのでしょう。
                  目の腫れ再発。
                  現在通院中です。



                  庭から保護したトラも口内炎+風邪症状で何度も通院しています。
                  保護当時からずっと風邪引き症状です。
                  食欲なないので診て頂いたところ、口が痛くて食欲がないようです。
                  2週間置きにコンベニア使用です。




                  AT様より譲渡会の11/2に金券+現金を頂いております。

                  次回の収支報告にて計上いたします。
                  いつも気にかけて下さってありがとうございます。



                  M@世田谷様より かびごんサンを通じて昨夜ご支援金1万円を頂きました。
                  いつも優しく見守ってくださってありがとうございます。
                  次回の会計報告に計上させて頂きます。
                  ありがとうございます。

                  命の重さ

                  0
                    お久しぶりです(-_-;)

                    ここ1週間、いろんなことがありましたDocomo_kao19

                    パソコンを触る気力もなく、ただひたすら黙々とひとつひとつ解決することに必死でした。


                    かびごんサンのブログにてご報告がありましたが…
                    残念なことに光生(ココ)がお星様になってしまいました。
                    憎きFIP確定だと獣医師から聞いた瞬間、愕然としてしまいました。
                    なぜ、光生(ココ)なの?とDocomo_kao19
                    あまりのショックに体から力が抜けてしまいましたDocomo_kao19

                    苦しまないように逝かせてあげたいからと、かびごんサンと…
                    夜遅くに病院を訪ねました。しかし既に低体温Docomo_kao19


                    私もかびごんさんもココママのIさんも、光生(ココ)から沢山の幸せをもらいました。
                    保護当時、光も感じない、歩けない、重度の先天性の病ではないか?
                    水頭症の可能性大だと告げられて。
                    余命わずかとの診断でしたが…
                    かびごんサンの看病のお陰で…
                    その後、目が見えるようになり、歩けるようになり、頭の腫れもひいて…
                    普通の健常な猫さん同様、沢山遊び、沢山食べて、かびごんサンからの日々の報告に安堵したことを、つい最近の事のように思い出します。我が子の成長を喜ぶ親のような気持ちを光生(ココ)からたくさん頂きました。
                    光生(ココ)の成長を心より喜んでいたのに、なぜ、神様は苦しめるの?と。


                    光生(ココ)には、二人のお母さんがいて一人ぼっちにしないために、かびごんサンとIさんは、協力して分担して看取ってくれました。

                    かびごんサンのかすれた声を聞き、光生(ココ)のためにたくさん、たくさん泣き明かしたことが電話口にて伝わってきましたDocomo_kao19
                    私まで、もらい泣きDocomo_kao19
                    涙が止まりませんでした。
                    二人のママに面倒を見てもらって光生(ココ)は、とても幸せだったと思います。
                    ココママのIさんとの出会いにも感謝をしております。
                    ハイリスクの子だからこそ大切にしたいと強く希望をして下さって大切にして下さいました。

                    前回、ちょっと落ち込み気味のブログの更新をした私にも、キキ&ココの写真を送って下さいました。
                    Iさんはとても、心の温かい人です。
                    10/6のことでした。
                    仲良く遊ぶ2匹の姿の写真。

                    1ヶ月前はこんなに元気だったのにとDocomo_kao19

                    残念でなりません。
                    パルボウィルスに続き、憎きFIP。
                    いつの日にか特効薬が出ることを願います。
                    応援して下さった皆様、ありがとうございました。
                    短命でしたが、彼は立派に生きてくれました。
                    看取ってくれたかびごんサン、お迎えくださったI様に感謝申し上げます。
                    ありがとうございました。


                    そんな中、ゴンママは先週の木曜日から、ずっと猫さんの保護に動いておりました。
                    白猫ママと子猫たちを保護した管理センター依頼のYお婆ちゃん宅がいよいよ解体、取り壊しになると連絡を受けて…

                    11/1の引越し前に、捕まらない猫さん3匹は先に保護しないと引っ越し当日に逃げられる可能性があるからとのことで、10/31に、突然earyさんに捕獲依頼の電話をして来ていただきました。
                    逃げ惑う猫さん3匹の捕獲に成功して、引越しが完了するまでの間、動物病院へ入院させました。
                    この段階で残り7匹の猫たちはYお婆ちゃんが一人でキャリーバックで捕まえられるとのことでした。

                    しかし、いよいよ引越し当日、1匹が外に脱走したと連絡を受けて、お婆ちゃん一人では保護は無理と判断して連日連夜の保護を決行。仕事の合間の保護にヘロヘロのゴンママさんです(-_-;)

                    今朝、やっと家の中を逃げ惑う最後の猫さんの保護に成功。
                    体調の悪い猫さんでしたので、午前中に病院へ搬送して、先ほど新居にお連れしました。
                    明日から解体が始まりますので、ギリギリのタイミングで捕まえました。
                    問題はお外に出てしまった猫さん1匹の保護なのですが…
                    解体が始まってしまったらパニックになってしまうと思い、明日の早朝に伺います。

                    お向かいの家の家主が元々はお宅で増やした猫だからと「この猫も持っていけ!」とキャリーバックで捕まえた猫さんも急遽、新しい家に入居することになり、総勢11匹の猫さんがお婆ちゃんと暮らすことになりました。

                    最初に保護した猫さん3匹
                    (未去勢で凶暴だと聞いていましたが、去勢済でビビリでした)
                    茶白(首.足だけ白)


                    茶トラ(メス)


                    キジ白


                    とても馴れている茶トラ長毛



                    高齢三毛



                    黒ネコ メス


                    近所から、持って行け!と言われた茶白猫さん(オス)


                    長老19才茶白


                    最後に捕まえて通院した白黒 8.4kg

                    写真の撮れなかった三毛猫さんを入れて10匹がお部屋に入居いたしました。

                    残りは脱走猫1匹だけです。

                    木曜日から一日も欠かさずに黙々と通っているゴンママです。
                    お婆ちゃんの家の猫さんは19歳.17歳.15歳.14歳.13歳若い猫さんでも8歳だそうです。
                    高齢の猫さんだからこそ無事に捕まえて、わたしが安心したいのです。
                    猫さんたちが可哀想で仕方ありません顔
                    猫は環境の変化に弱〜い動物です。
                    お婆ちゃんの事情で振り回される高齢の猫たちが不憫でなりません。


                    そんな毎日だったので、頂いたメールの返信も出来ずにおりました。
                    申し訳ありません。

                    未だにパソコンのメールの初期設定から脱出できずにおります。これまでのお付き合いがあった方々からのメールが一切受け取れない状況なんです<(_ _)>
                    前のbiglobeのメールアドレスにご連絡を下さった方々がいらっしゃるようですが、大変、申し訳ありません。
                    もし、メールを下さっている方々がおりましたら、大変恐縮ですが、コメント欄にメールアドレスを入れて頂くと助かります。必ずコチラからご連絡をいたします。
                    現在、承認制となっておりますのでご安心下さい。
                    一言コメントで結構です。
                    お手数をおかけいたしますが、ご一報いただけると大変嬉しいです(-_-;)


                    現在のゴンママは受験生の母親でして(-_-;)
                    わが子にもかなりの負担をかけております。
                    「ママ、高校入学説明会があるんだけど…来れる??? 生徒と保護者が一緒に座るから必ず来て欲しいんだけど…」と、遠慮がちの娘からの一言・・・
                    そうだよな。
                    私は母親なんだよな。と、反省です
                    本日、学校に行ってから出勤して帰宅後に動物病院からお婆ちゃんにお届けしました。
                    明日こそは最後の1匹捕まえてやっと終了です。
                    脱走した猫さんは、きっとパニックになっていると思います。



                    11/2は秋晴れの中、里親譲渡会を開催いたしました。
                    お手伝いに来て下さったKA様、せぱゆ様、お顔を見せて下さったATさん・フサオさんご夫妻、遠いところをわざわざ来て下さってご支援金を持って来て下さいました。
                    ありがとうございました。
                    ゴミ置き場の黒猫くん(マロちゃん)の里親さんのW様も、譲渡会終了後に来て下さったそうですが…お会いできませんでした。わざわざ足を運んで下さってありがとうございました。

                    かびごんサンより、光生(ココ)は今日が峠かもというご連絡を頂いている中での里親募集でした。
                    これから幸せになってもらう子猫ちゃんの為にもと、複雑な気持ちではありましたが、気持ちを切り替えアピール全開顔のゴンママでした。

                    沢山の子猫ちゃんたちが集まりました。
                    個人ボラのK様はうしまるさん同様に同じ志の方で、顔なじみさんでした。
                    TNR活動をしている人は繋がっていることがとても多いです。
                    外猫のために真っ直ぐのエネルギッシュな方です。
                    Kさん宅の保護猫ちゃんたち、現在40匹とのこと。
                    頭が下がります。
                    とっても状態の良い子猫ちゃんたちでした。


                    ここまで記事を書いたところで、今度は写真の取り込みができず(-_-;)
                    パソコンまで、ゴンママ同様にイカレてしまった???
                    後で娘のパソコンから画像をUPいたします。
                    取り急ぎのご報告でした。

                    会計報告も2.3日中にご報告いたします。
                    いつも応援して助けて下さる皆様ありがとうございます。
                    感謝申し上げます。

                    ゴンママ宅のイヴ姫も、ぐんと元気がなくなっております。
                    最近のゴンママ、悩み多きですDocomo_kao19

                    産まれてきた限りは幸せに暮らしてもらいたい…
                    ただ、それだけを想う毎日です。

                    お父さん入居

                    0
                      こんにちは〜Docomo_kao1
                      出勤前のバタバタ更新ですDocomo_kao8

                      なかなかブログの更新が出来ずにおりました〜Dosomo_kao9

                      嬉しいことが重なったりDocomo111
                      哀しいことが重なったりDocomo111と…

                      昨日も一昨日も、かびごんサンとちょっと哀しいことがありまして…
                      気持ちを共有しておりましたDocomo_kao19
                      いろんなことがありますね顔


                      話は変わって…
                      前回のブログの「沢山のご報告」では、お伝えできませんでしたが…
                      今月の第二週目の週末に、お世話になっているG獣医師からお電話を頂きまして…
                      交番所から子猫が来た(動物管理センターがお休みだった為)来週には殺処分になるから可哀想でと…
                      誰かミルクを与えて育ててくれる人は居ませんか?との出勤時間2時間前のSOSでしたDocomo111
                      白猫ママならサビちゃんや春ちゃんのように、避妊手術をしたばかりだから、きっとオッパイが出るかもしれないと、一か八か子猫とご対面させてみたところ、子猫を抱え込むものの残念ながらオッパイは出ませんでしたDocomo_kao19

                      と、いうより吸い付く元気すらない子猫たちを目の当たりにし、自分ではどうしてあげることも出来ないので…
                      TNRの際にカンパを頂いております、キャッツファミリー365のWさん
                      http://cats-family365.cocolog-nifty.com/
                      (センターのミルクボラさん)にSOSのお電話をして相談をしたところ…
                      誰も育てる人がいないのであれば…見殺しには出来ない!聞いてしまった限りは…と。
                      助けられるかどうかわからないけど、持って来て下さい。
                      やるだけやってみます!と言って下さいました。

                      G獣医師からは、厳しいかもと、預かった命ですDocomo_kao19

                      交番に持ち込む人間も人の子なら、せめて、1週間だけでもママ猫のオッパイを飲ませてから交番に持ち込んでもらいたかったと思いました。あまりにも残酷な現実に直面した瞬間でした。
                      あまりにも小さい、小さすぎる子猫たち…
                      臍のをが、まだ、ついた状態でした。
                      きっと産まれてすぐに持ち込まれた100gギリギリの子猫たちを急いでWさん宅へと運びました車
                      Wさんのお宅に着いて、見て頂いたところ「これは厳しいなぁ…」と…ポツリ。
                      しかし、睡眠を削ってまで、今も、育てて下さっています。
                      感謝の言葉しかありません。
                      Wさんありがとうございました。

                      聞いた限りは断れない!という気持ちにさせてしまったこと、申し訳なく思います。
                      猫相談は時に依頼された側を苦しめます。
                      ここで断ってしまったら、この猫たちは?と。
                      外猫相談も同じです。

                      「可哀想な猫がいます!痩せてガリガリです!」
                      「助けてあげたいけど、うちは無理なんです!保護してあげて下さい!」等。
                      場所だけ伝える責任感のない方々に振り回されて、現在のゴンママ宅は保護猫MAX顔

                      コメント欄にメールアドレスのない 猫のご相談者様のコメントは読む側もツラくなるために削除させて頂きますので宜しくお願いいたします。

                      TNRをしてあげたい。
                      保護をして馴らして里子に出したい。
                      外の子を飼い猫にしたい。
                      飼い猫が脱走したので保護したい等のご協力は出来る限りご相談に乗りますが…

                      無責任な餌やりの果て、可哀想ですと伝えるだけの方が多すぎます。
                      わたし、ゴンママも外猫さんにご飯を置くたびに、保護してあげられないけど、この冬も乗り越えてくれよ〜!と
                      話かけます。
                      ご飯をあげたら自己責任です。
                      10年先までを考えていただけませんか?



                      このたび3名の方から、コメント欄、メールにて、
                      外から猫さんを保護したいというご連絡をいただいておりました。

                      富沢在住のS様は毎年産んでいるお母さん猫と娘の2匹を保護してTNRしたいとコメントを下さいました。
                      保護器を動物病院で待ち合わせをしてお貸ししてすぐに、娘のTNRを終えております。お母さん猫は子猫を産んでしまった為11月初めに再度チャレンジして下さるとのことです。
                      ご支援金と人間様にお菓子を頂きました。
                      ありがとうございました。


                      桜ヶ丘のO様は かびごんサンのブログのメールアドレスに外猫ママが物置で産んだ子猫を保護して家に入れて馴らしたいとのご相談でした。保護器は使わずに、お貸ししたケージとキャリーバックにて保護成功いたしました。
                      外から救って下さって感謝です。

                      O様もまた、即、保護して下さいました。
                      生後4.5ヶ月の兄妹猫さんを外から家に入れて下さいました。
                      お貸ししたケージとキャリーを返却しながら、猫砂・ドライ・ご支援金を届けてくださいました。
                      ありがとうございました。


                      コメントを下さった前の職場の先輩とお姉さまも、生後半年くらいの猫ちゃんを保護器と網を使い外から救って家に入れて下さいました。

                      そのまま飼い猫さんとなりました。
                      ゴンママ宅にお菓子と笹かまぼこを頂戴いたしました。
                      ご馳走様でした。
                      美味しく頂きました。
                      保護猫ちゃんの名前は「くるみちゃん」となったそうです。
                      本日、ご支援金を持参で腎臓で亡くなった猫ちゃんのフードと保護器を届けて下さいました。
                      ありがとうございました。
                      ご近所のご友人がお庭に来る4匹のTNRを考えているということです。
                      猫さんが近隣の嫌われ者にならないよう、今の頭数以上殖えないようにご飯をあげていきたいと言って下さいました。
                      ありがたいです。



                      同じ想いの方々が増えて下さることが、わたしの喜びです。
                      ご飯を与えているなら、産まれてしまうであろう子猫のことを考えてTNRして下さる方々が増える世の中になって欲しいです。そうすれば、センターに持ち込まれる子猫の数は減ると思うのですが…
                      永遠のテーマですね。

                      産まれてくる命に責任が持てないのであれば、人の手で手術をしてあげて欲しい。
                      そしてご飯をあげて欲しいですね。



                      10/20国分町お父さんゴンママ宅入居
                      動きが悪いお父さんだったこと、目をガードする瞬膜が常に出ていることが気になって、血液検査もして頂きました。
                      腎臓の値が少〜しだけ気になる程度で健康でしたDocomo_kao1

                      ウィルス検査は陰性。

                      回虫さんが沢山いた為に再度の駆虫、5種ワクチン後連れて来ました。

                      ゴンママ宅に着いて、リビング猫さんたちとご対面。


                      もみじに見つめられて…



                      クマ五郎と外キジくんの喧嘩を見てどきどきしたと思います。
                      毎日、毎日、威嚇しあっています。
                      血の雨が降る大喧嘩の末、威嚇だけの関係の2匹。


                      力関係では、外キジくんの方が強いようです。
                      クマ五郎はすぐにお腹を見せます。 




                      ケージ入居後、直ぐに竹やぶパパが話しかけに入って行きました。

                      「オマエも捕まったのか?」
                      「どこ出身だぁ?俺は竹やぶの中が住処だったんだ」

                      俺様は眠らない街の都会の出身でナウいんだぞ〜
                      でも、俺たち兄弟のような柄だなぁ…
                      仲良くしようぜ!!!
                      と、でも、話したかどうかはナゾですDocomo_kao8
                      何故か一人でウケているゴンママです(^_^)


                      翌日も…
                      お掃除しようと扉をあけると…
                      竹やぶパパが「おはよう!」と入り込む…


                      どいて下さいとお願いしても…
                      動じず…
                      亀のような2匹です。

                      兄弟のような柄に 毎回大笑いのゴンママです。
                      なぜか親近感があるのです(^_^)

                      ちゅーるを食べて


                      お外を見て


                      手足を伸ばして昏々と眠り続けるお父さんの姿に泣けてくるゴンママです。

                      お外では、こんな格好では眠っていなかったと思います。
                      いつもお腹を下にしてピリピリしていましたからね。
                      お外は懲り懲り組の猫さんに対して…

                      白猫ママはスパイダーマン
                      いや、スパイダーウーマンです。
                      外に出たくて出たくて(-_-;)




                      泣き喚く(-_-;)


                      呼ぶと可愛い声でご挨拶してくれます。


                      避妊手術の抜糸を終えました。



                      ストレスが加わって…
                      昨日から目が腫れ出しました。
                      即、通院。

                      ごめんね〜
                      お外が良かったよね?…と思いますが、お家が安全だということを分かってもらいます。




                      Sさんよりタヌキくんのご報告です(^_^)
                      最初。オシッコの粗相をしてしまったようですが…
                      大分馴れたそうです。

                      (保護後間もなく)




                      先日送って下さった写真では大分表情が違います(^_^)




                      東京の遠藤さんからもメールを頂いております。
                      白黒斜頸ちゃんはピノちゃんになりました(^_^)

                      まだまだビビリですが、向き合って下さっています。


                      県南にお婿さんに行ったシャムくんの飼い主様より
                      全く手のかからない猫さんですよ〜!
                      大丈夫だよ(^_^)心配しないでねぇと連絡を頂いております。
                      Hさんなら大丈夫だという気持ちがあるので、ゴンママは安心をしています!


                      イヴちゃんの近況です。
                      私の作る手作りご飯を食べてくれています。
                      お肉の赤身はダメ。
                      野菜中心です。
                      鶏がらスープで大根、ニンジン、かぼちゃ等を煮てご飯にほんの少しのひき肉に加えた食事を食べてくれています。
                      動物病院で肝臓食を食べてくれないことを説明したところパンとかお米は大丈夫なんだとか。
                      しかし、腹水でパンパンです。




                      イブちゃんをお迎えしたクリスマスイヴまでは元気でいて欲しい。

                      今朝のイヴちゃん
                      元気に走り回ります(^_^)




                      下の猫さんたちは…イヴちゃんが怖い
                      (クマ五郎)


                      (タマ)


                      (かえで)

                      どうかこのまま発作で苦しまないようにと祈るゴンママです。


                      色々なご報告があります。
                      お嫁さんに行った猫さんが出戻りとなったり…
                      せっかく幸せをゲットしたのに、病気になってしまったりと…

                      かびごん&ゴンママ…
                      心休まらずDocomo_kao19
                      嬉しさも哀しさも相談して共有し合える仲間の存在がとても大きいですね。
                      次回のかびごんサンブログにて、ご報告をして下さると思います。


                      里子に出た猫さんたちの不妊手術のご報告を頂いております。
                      太白区多頭飼い崩壊からナッツとシーマをお迎えくださった塩釜のSさんから、シーマの去勢のタイミングで相談を頂きまして…
                      お会いしてシーマを預かって去勢手術の搬送のみをいたしました。
                      シーマの下痢が止まらずに飼い主様を散々悩ませておりましたが、治療をして下さったお陰で良くなりました。
                      立派に成長をしたシーマに感激いたしました。



                      S様より、ご支援金を頂きました。
                      成長期のお子さん3人育てるママからの貴重なお金です。
                      大切に使わせていただきます。
                      ありがとうございます。


                      【皆様にお知らせ】
                      現在earlyさんのところには保健所から引き取った子猫ちゃんたちがおります。
                      他の個人ボラさんから預かった子猫ちゃんもおります。

                      そこで、経費を出し合って個人ボランティア合同里親会を開催することになりました。
                      ゴンママはカンパとして新聞広告担当をさせて頂きました。
                      ケージやテント関係はDogレスキューのキケガワ様とearlyさんでお金を出し合います。
                      お誘いあわせの上ご参加下さいます様お願いします。
                      生後2ヶ月から半年の子猫ちゃんたち20匹以上は集まる予定だそうです。

                      お問い合わせはキケガワ様までです。
                      earlyさん
                      http://ameblo.jp/early-blog/


                      Dogレスキューさん
                      http://ameblo.jp/d-rescue/


                      ゴンママは目の腫れが引いたら白猫ママ&三毛ちゃん&モッチなどの成猫さんを連れて行きます。
                      癒し系にチョビ、チャメもと考えております。


                      どうぞよろしくお願いいたします。


                      ゴンママさん、またまた職場の異動があります。
                      せっかく覚えたシステム・・・
                      またまた一から配属先の研修が始まります。
                      学生さんに交じってオバタリアンは頑張らないと!!!

                      では、では、仕事に行ってきます。





                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      書いた記事数:515 最後に更新した日:2014/11/22

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      http://r02.isearch.c.yimg.jp/image?id=f54db051760f1309dfcac061264073d3