いつでも里親募集中

ゴンママが乱れた(>_<)

0
    おはようございます!

    昨日はあれから大変なことが起きました。
    今回、保護器をお貸ししたOさん宅のご近所の娘さんのSさん(シャム系仔猫をもらって下さった方)に、支援品のミルクを届ける約束になっておりましたので出勤前にと思いご実家(Wさん)に立ち寄りました。
    ご家族は大の動物好きで猫さんも過去に飼っておられて、現在はシーズーを飼っておられます。
    娘のSさんはネコチャンを大切に飼われており、今回は現場から直行で仔猫をお迎え下さって、親猫と残りの仔猫2匹を仙都動物病院さんへ搬送して下さいました。

    ご実家のWさん宅に着き、娘さんのSさんへこれを渡して欲しいと玄関まで向かったところ…
    仔猫の悲痛な叫び声を聞いたゴンママ…
    まずは、Wさん宅をピンポンした。
    すると、「大変なのよ〜〜!ちょっと中に入って頂戴」と。
    今日になって三毛仔猫とママ猫を外で飼うと言い出したという。
    それも籠(保護器)に入れっぱなし状態で…
    仔猫が鳴いていたのは、母猫を求めて悲痛な叫び声をあげていた。
    仔猫が入った保護器の傍らでママ猫も鳴いている…
    虐待そのもの!!!

    Oさんは、長年患っている精神的病気の為に抑えがきかない状態だとのことでした。
    穏やかに話をしないと警察出動ということも有り得ると。

    と、いうのは仔猫の三毛ちゃんが自販機の下に隠れてしまい自販機業者の人に仔猫の保護をさせておりました。
    ゴンママ保護器に仔猫を入れて、この状態で私が飼いたいと言い出しているということ。
    現在インコを飼っている為に家の中には入れてあげられないが、この籠の中で仔猫を飼ってご飯を与えていれば、ママ猫も仔猫の傍を離れずここに定着するから…という考えだそうだ。
    その話を聞いたばかりでちょっと興奮気味のわたしでしたが気持ちを抑えながら、こんにちは〜!と…

    あのね!サトウさん、アナタが退院するまで親子猫を飼おうと思って…と説明を始めたOさん。
    保護器の中に子猫ちゃんを入れてご飯をあげたら、お母さん猫も安心してここにずっといるでしょ?と。

    インコじゃあるまいし保護器の中で子猫を飼育し、親猫の首輪にヒモを付けて固定して飼いたいとの、
    びっくり発言でした。

    とうとう、仏のゴンママにプチっとスイッチが入ってしまった…
    昨日は散々罵倒されても我慢し、1匹だけ残して来た仔猫の安否が心配で涙を飲んで帰宅し…
    夜中に何度も仔猫が低体温になったら死んじゃうよな〜〜と心配で心配で、眠れぬ夜を過ごしたわたし。
    朝早くママ猫をリリースしたという思いが保護器の中でミャーミャー鳴いている仔猫を見た途端に爆発(ー_ー)!!した。
    『仔猫は保護をする約束で保護器をお貸しした訳ですから仔猫ごと返却させて頂きますからね!!』と取り上げて車の中に閉まったゴンママでしたが…
    すると、何をするのよ〜!
    返せ返せと大暴れ。
    私が保護したのだから返しなさいよ!と言われて一旦はお戻しした。

    この三毛猫は♂かもしれないのよ〜〜〜!
    オスなら高く売れるし飼う人がいるでしょ!!!と。

    バカを言いなさい!オスの訳ないでしょ!とわたし。
    保護器を裏返しにして見せた。


    ついにゴンママが吠えた!こんな大雨の中、仔猫を鳴かせて!!!虐待ですよ!!!と…
    喧嘩勃発になってしまった。
    「アナタが来たから仔猫ちゃん驚いているんじゃない!ネコちゃんに謝りなさいよ!」とOさん!
    もうゴンママ限界となっていた(怒)

    人様に物事をお願いしておいて猫が人質だから黙っていればと、怒りで体がぶるぶる。
    「お金は払ったじゃない!!」と言ってきたので、財布から有金出して「お返ししますから!」と、ずぶ濡れになりながらの格闘…
    Oさんは、「お金が問題じゃないのよ〜〜〜!!!ネコちゃんを返して!!!!」と、
    お金を投げつけられた。
    下に落ちたお金を拾うことは決してしなかった私でした。
    本当にもう、お金の問題ではなかった…
    ルールとかモラルとか人に対する配慮のない人間とは ほとほと付き合いたくはないですね(>_<)

    でも、私は猫がいるから、猫の為に動きます。
    事務的にパッパと動きます。

    心が病みそうになった1日でした。
    Wさんが止めに入って下さって色々ありましたが、仔猫確保となりました。
    兄妹のいる仙都動物病院さんへお願いするつもりでおります。
    ちなみに和解してお金はお戻し頂きました。

    (保護した仔猫ちゃんを健康チェックへ)

    奪い取った三毛ちゃんの虫下し、ノミ取り、ワクチンまでいたしました。
    風邪症状はなしです。

    書きたいことは山ほどですが、仔猫の元気な姿を見たら、どうでも良くなった(笑)
    恨んだり妬んだりすると自分に返ってきますからね。


    Oさんの生い立ちを伺ったというWさんから、お電話を頂きました。
    「お疲れ様、大変でしたね…」と…
    私が怒って帰った後にご近所ということもあり2時間捕まり訴えられたそうです。
    幼いころに里子に出され苦労をして育った方だそうです。
    だから仔猫を外で籠に入れて飼おう思ったそうです。
    それが親子が一緒にいる幸せだと思ったのでしょうね。
    入院前に安心したい一心で、怒り狂ったゴンママでしたが…
    仔猫全頭の保護はしたので、もう、すっかり晴れ晴れとした気持ちです。


    愚痴を聞いて頂く為に、かびごん家に三毛猫ちゃんを持って参上いたしました。
    突撃お宅訪問。

    先日、かびごんサンから九州のお土産を頂いたわたし。
    写真を撮ろうとしていたものの、昨日も一昨日も在宅していませんでした。
    箱を開けて、食べた犯人はなんと、俺様殿様のひきこもり夫だった。
    ルールもマナーも通用しない夫もカウンセラーが必要だなと思い…

    「家にはねずみがいる…コソコソと勝手に食べるねずみを退治しなければ!」
    食い物の恨みは恐ろしいんだからね!と言った。
    とぼける夫に饅頭3個も喰ったべぇ〜〜〜〜〜!!!と言ったら。
    美味しいと言ったら、母が少しお部屋に持っていったら?と言ったそうで…
    1個食べて3個ポケットに入れたと白状しました。4個も食べていた(ガーン)
    だから口聞いてない(怒)


    かびごんサンには本日の出来事の経緯を役者のように身振り手振りで説明して息切れ…
    止まらない愚痴に付き合わせてしまいました。
    挙句の果てに三毛ちゃんのシャンプーまでして頂きました。
    ゴンママとご近所だということで迷惑ばかりをかけています(>_<)

    光生くんは無邪気に遊びゴロゴロ言います。
    性格はとっても良い子です。


    ぴよは500g超えてました。

    取り急ぎご報告ブログでした(^_^;)

    【ご連絡】
    コメントを下さった方がいらっしゃるようですが、私自身、人様に恨まれるようなことはして来た記憶はございませんし、人様のことを言える程立派な人間でもございません。
    私からどのような意見を求めているのかは存じあげませんが、
    猫さんには興味がありますが、人様には全く興味がありません。
    顔が違うように考え方も様々だと思っています。
    忙しいふりとか捕獲しているふりをしたくても世間様がさせてくれません。
    そんな感じです。
    ご忠告ありがとうございます。

    コメント
    はじめまして。通りすがりの者です。この場合、感情的になる方が正常だと思いますよー。

    愛護の人は感情的だ、こわい、とよく言われますが(実はわたしも前は愛護の人が怖かったです笑) 猫にまつわる現実を知ってしまったら誰でも感情的になるんじゃないかな。当たり前の気持ちなので、どうかご自分を責めないで下さいね!
    • 忍たま
    • 2014/06/14 7:24 AM
    何て酷い…信じられない(−_−#)

    ゴンママさん、雨の中大変でしたね。

    チビ三毛ちゃん助かって本当に良かった(´;ω;`)

    あらら…饅頭だけかと思ったらいかめんたい瓶詰まで( ̄∀ ̄;)

    家族がいると美味しい物は勝手に食べられちゃいますよね( ̄∀ ̄;)

    でも我が家は怒らせたら私が1番怖いのを分かっているので、旦那も娘達も私のおやつは勝手に食べません(笑)

    • hana
    • 2014/06/13 10:11 PM
    はじめまして。時折拝見させて頂いているキジトラbrothersと申します。

    ・・・なんだか大変なときに申し訳ない相談なのですが【汗】。

    現在、我が家には愛犬と震災の年に保護したキジトラ2匹がおります。保護時は2匹とも母猫の育児放棄か栄養状況が非常に悪く、目ヤニがべったりでまぶたが開けられない状況でした。里親さんを探してホームステイもしたのですが、先住猫さんたちと合わなかったらしく結局我が家の猫に・・・。

    相談はここから・・・。以前から近所をうろついていた成猫(おそらくメス)がおり、保護しようかどうか迷っております。迷っている理由は、近寄るとまだシャーって言うことと、見るからに何か病気はありそうな感じがすることです。我が家の保護猫はどちらも白血病・エイズも(−)、虚勢済みです。たとえば保護し、そのあと里親さんを探す→ご縁がなく我が家猫に・・・となった場合、病気の状況があまりよくない場合を想定すると・・・躊躇しております。ただ、近くにオス猫もおり、このままで良いとも思っていません。保護したら自分でできるところまでやろうとは思っています。こっそり餌を与えていますが、まだときどきシャーって言われるので少しずつ距離を縮めていきつつ保護できれば・・・と考えています。

    当方急いではおりません。また自分は猫ビギナーでもありまだまだ猫のことわかっておりません(泣)。これから入院されるとのこと。体調が回復されてからで構いません。保護器をお借りできませんでしょうか・・・。またご多忙の中とは存じますが、お時間の許すときにアドバイスを頂けたら大変ありがたいです。よろしくお願い致します。
    • キジトラbrothers
    • 2014/06/13 9:36 PM
    今日もはらはらしながら拝読いたしました。
    本当に大変でしたね。

    個人的には久々に旦那さんの話が出てきて嬉しかったです!まんじゅう食べたって(笑)
    ゴンママさんの旦那さんエピソード大好き。いつかまとめようと思っています。
    • at
    • 2014/06/13 5:43 PM
    いやぁ・・・
    いろんな考えを持った方々がいるとは思っていましたが・・・
    流石に怒りがこみ上げてきました&#8252;&#65038;
    保護器=捕獲器ですよね・・・
    そして外で母猫はつなぐって・・・
    猫の生態知らないんでしょうか( ̄□ ̄;)
    この間動物病院で、迷子猫の貼り紙を見たのですが、外に猫をつないでたら紐が外れ脱走していて探していますと書かれておりました。
    狭い所にも入る猫に、紐を付けたまま脱走させた? 余りにも責任感のない酷い飼養に憤りを感じました。
    無知は罪ですね。

    ゴンママさんの手術無事終わり体調がよくなりますように☆*:.。.:*☆
    • white5cats
    • 2014/06/13 12:44 PM
    保護器を裏返しにして見せた、でゴンママさんらしいのかなと思ってしまいました。すみません(笑)
    仔猫たちの保護が出来たのは良かったですね。
    考え方が固定してしまって、本人はそれが正しいと疑わないところの説得は、冷静でなければとはわかっていても難しいと思います。
    私も捕獲器の仔猫を目にしたら抑えていられるか自信がありません。
    ぴよ丸ちゃん、すくすく育ってもう500gになったんですか。嬉しいご報告、有り難うございます。
    • KA
    • 2014/06/13 12:04 PM
    かびごんサンへ

    いつもお世話になっております。
    聞いて下さい!
    いかめんたい瓶詰まで半分食べられてた(-"-)
    • ゴンママ
    • 2014/06/13 11:54 AM
    ちょっと・・・チビ三毛ちゃんの可哀想な話から一転、思わず笑いがこみ上げてきちゃったじゃないですか。

    そんなに気に入っていただけるなら、大きいサイズ買ってくればよかったー。
    夫がこんど福岡出張に行ったら、大きいサイズ買ってきてもらいますからね(笑)

    いやいや、ゴンママ家はいつも面白すぎて・・・。


    真面目なハナシ、チビ三毛とママ猫の一件は大変でしたね、お疲れ様でした。
    世の中には、動物の気持ちを考えてくれない方もたくさんいらっしゃるのですね。
    しかも昨日は大雨。
    どしゃぶりの中、ゴンママがケンカしてでも子猫を引き上げてくれなかったら、我が家にいるチビ三毛は低体温で命はなかったでしょう。

    ありがとうございます。

    入院前に、あまり血圧上げないようにしてくださいね。
    ご自分のお身体を大切にして下さい。
    • かびごん
    • 2014/06/13 11:10 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:646 最後に更新した日:2018/06/06

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    http://r02.isearch.c.yimg.jp/image?id=f54db051760f1309dfcac061264073d3